寝汗@丸わかりガイド[原因・症状・病気との関係など]

妊娠初期の寝汗

寝汗をかくようになって、なにか体調がおかしいのかな、と思っていたら妊娠していることがその後で発覚した、という女性は結構多いようです。また、妊娠が発覚してから安定期に入るまでに、寝汗の問題で悩んでいた、という人の話もよく聞きます。

女性と寝汗の問題を語るとき、妊娠初期に寝汗を経験した人、この状態に悩んでいる人はかなりいるのではないでしょうか。この時期に寝汗を経験する女性が多いことの理由としては、この時期は体温が高い、ということがあります。受精をして着床し、妊娠の状態になるまで、ずっと体温の高温期が続きますので、就寝中から明け方にかけては、体温が高くなっている状態が続いていることになります。

そのため、普段は寝汗をかかないといっている人でも、この体調と体温の変化に体が汗を出して調整している、ということが考えられるのです。ただし、この状態には個人差があります。妊娠初期でも寝汗を経験しない人もいるのです。

また、妊娠も4ヶ月にはいるころには体温が平温に戻ってきますので、この時期を目安に寝汗をかかなくなる人が多いようです。普段はあまり汗をかかない体質だったのに、妊娠初期に着替えなくてはならないほどの寝汗にビックリして目をさました、という経験をする人もいるようですが、妊娠初期の寝汗は、体温が高いことによってもたらされている変化だと考えていいでしょう。

気づいたら着替える、シャワーを浴びる、など、気分転換をしながらしっかりと睡眠を確保してください。



▲このページの上部へ
Copyright (C) 2009-2014 寝汗@丸わかりガイド [原因・症状・病気との関係など] All Rights Reserved.